2021年グリーン住宅ポイント制度

令和2年度3次補正予算案で、経済の持ち直しに向けた住宅取得対策として、グリーン住宅ポイントによる環境対応等住宅需要喚起対策事業「グリーン住宅ポイント制度」が創設されました。

「グリーン住宅ポイント」とは

2020年12月15日〜2021年10月31日の対象期間内に、一定の性能を有する住宅の建築や購入、リフォーム工事の実施と各種の諸条件を満たした場合に、商品交換や追加工事に利用できるポイントを発行する制度です。

「グリーン住宅ポイント」事務局のサイト(国土交通省より)
https://greenpt.mlit.go.jp

■ポイントの対象区分は4種類

◯新築住宅の建築・購入

<付与ポイント>
30万〜100万ポイントを発行

<対象期間内での契約締結内容>
注文住宅:工事請負契約の締結
分譲住宅:不動産売買契約の締結

<対象となる住宅>
認定長期優良住宅、認定低炭素建築物、性能向上計画認定住宅、ZEHのいずれかとなる高い省エネ性能等を有する住宅、もしくは、日本住宅性能表示基準で定める断熱等性能等級4かつ一次エネルギー消費量等級4以上の住宅で、一定の省エネ性能を有する住宅。※諸条件あり

 

◯既存住宅の購入

<付与ポイント>
15万〜45万ポイントを発行

<対象期間内での契約締結内容>
不動産売買契約

<対象となる住宅>
以下の1)〜3)をすべて満たす住宅であること

1)不動産登記事項証明書で「新築」と記載された日付が、2019年(令和元年)12月14日以前であること。
2)既存住宅購入の、売買契約額が100万円(税込)以上であること。
3)以下のいずれかに該当する住宅であること。

・空き家バンク登録住宅
・東京圏の対象地域からの移住のための住宅(既存住宅)
・災害リスクが高い区域からの移住のための住宅(既存住宅)
・住宅の除却に伴い購入する住宅

 

◯リフォーム工事

<付与ポイント>
工事の内容に応じてポイントを発行

<対象期間内での契約締結内容>
工事請負契約

<対象となる工事>
以下の1)〜3)のいずれかのリフォーム工事を実施する住宅であること。

1)エコ住宅設備の設置
2)開口部の断熱改修
3)外壁、屋根・天井 または床の断熱改修


また、1)〜3)のいずれかと併せて実施した場合のみ下記4)〜7)の工事等も対象。

4)バリアフリー改修
5)耐震改修
6)リフォーム瑕疵保険等への加入
7)既存住宅購入加算

◯賃貸住宅の建築

<付与ポイント>
1戸あたり10万ポイント×総戸数を発行

<対象期間内での契約締結内容>
工事請負契約

<対象となる住宅>
以下の1)〜3)をすべて満たす住宅であること。

1)すべての住戸が賃貸用に建築される共同住宅であること。
※所有者の居宅が含まれる建築物や店舗併用の建築物は対象外。
2)住居として独立しているユニットが複数戸(2戸以上)存在し、すべての住戸の床面積が40㎡以上の共同住宅であること。※諸条件あり
3)建築物省エネ法に基づく住宅のトップランナー制度の賃貸住宅に係る基準に適合する共同住宅であること。※諸条件あり

■ポイントの利用方法

新築住宅の建築・購入、既存住宅の購入、リフォーム工事は、付与されたポイントは商品と交換するか、一定の要件に適合する追加工事と交換のいずれか、または両方で利用可。
賃貸住宅の建築は、一定の要件に適合する追加工事との交換のみ。

◯ポイントを商品と交換する場合

・「新たな日常」に資する商品
・省エネ・環境配慮に優れた商品
・防災関連商品
・健康関連商品
・家事負担軽減に資する商品
・子育て関連商品
・地域振興に資する商品

◯ポイントを追加工事と交換する場合

ワークスペース設置工事、音環境向上工事、空気環境向上工事、菌・ウイルス拡散防止工事、家事負担軽減に資する工事といった「新たな日常」に資する追加工事や防災に資する追加工事が対象。

■申請期間

申請開始:2021年4月初旬(予定)
申請締切:遅くても2021年10月31日(郵送の場合は必着)

※上記は2021年3月時点での内容になります。
「グリーン住宅ポイント」には、その他の諸条件や規定、注意事項があります。
詳しくは、事務局のサイトをご確認ください。
https://greenpt.mlit.go.jp

GALLERY

施工事例ギャラリー

電話
資料請求
お問い合わせ